事業許可番号 職業紹介: 13-ユ-311209

スポーツ業界の求人情報とトレンド

  ジャンル【地域振興/社会貢献】

2021年06月17日

【地域×スポーツ】エンゲートが「地域スポーツ支援プロジェクト」を開始。第1弾は小田急、第2弾は広島県の出身アスリートを支援

Written by 管理者

スポーツ特化型ギフティングサービスを提供するエンゲート株式会社は、「地域経済活性化の中心に位置するスポーツ」というビジョンのもと、地域に根差したスポーツチームや地元出身のアスリートを応援している。第1

2021年05月12日

【バスケ/バレー】NTTSportictがバスケ・バレー特化AIカメラを無観客試合応援特別プライスでレンタル

Written by 管理者

株式会社NTTSportictは、新型コロナウィルス感染症拡大の影響により、無観客試合や観客制限を余儀なくされているローカル・アマチュアスポーツに向けて、室内競技向けのAIカメラソリューションを台数限

2021年04月27日

【女性アスリート×生理】現役/元女子サッカー選手が共同代表を務める株式会社Reboltが「アスリートと生理100人プロジェクト」をオープン

Written by 管理者

株式会社Reboltが、4月2日から「アスリートと生理100人プロジェクト」の公式noteページをオープンしている。同プロジェクトは、パナソニック株式会社と株式会社ロフトワーク、カフェ・カンパニー株式

2021年04月27日

【アマチュアスポーツ】国内唯一のスポンサードユニフォーム販売の「Outfitter」に新たなスポンサーとして「お〜いお茶」と「健康ミネラルむぎ茶」が追加

Written by 管理者

イオン・シグナ・スポーツ・ユナイテッド株式会社は、同社が提供する国内唯一のスポンサードカスタムユニフォームサービス「Outfitter」において、新たなスポンサーとして「お〜いお茶」と「健康ミネラルむ

2021年04月21日

【Jリーグ】LEOCと横浜FCが「ちきゅうにもからだにもやさしいプロジェクト」でコラボ

Written by 管理者

Jリーグの横浜FCと、株式会社LEOCは、「食を通じた社会貢献」をテーマにした新たな共同事業として「ちきゅうにもからだにもやさしいプロジェクト」を実施している。第1弾の取り組みのテーマは「地産地消」。

2021年04月20日

【テクノロジー/地域活性】分身ロボット「OriHime」を活用したICT×スポーツ×地域の共創プロジェクト「E Cheer Up!」共同実証実験を開始

Written by 管理者

日本電信電話株式会社(NTT)、株式会社オリィ研究所、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスは、遠隔操作型の分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を活用したICT×スポーツ×地域の共創プロ

2021年04月01日

コロナ禍で苦しむ地元企業を救え! チェルシーが支援プログラムをスタート

Written by 川内 イオ

イングランド・プレミアリーグのチェルシーが、ホームタウンであるロンドンの中小企業を支援する取り組みをスタート。新型コロナウイルスの影響で苦境にある地元企業を対象に、応募を始めた。この取り組みは、クラブ

2021年02月18日

【Jリーグ】水戸ホーリーホックとTポイント・ジャパンがゲートネーミングライツ契約を締結

Written by 管理者

Jリーグの水戸ホーリーホックと、株式会社Tポイント・ジャパンは、昨年に引き続き2021年Tポイントプログラム契約を締結するとともに、新たにゲートネーミングライツ契約を締結した。2月28日(日)に開幕す

2021年02月05日

【Jリーグ】株式会社インタースペースがFC今治スタジアム建設プロジェクト「里山スタジアムプロジェクト」特設サイトを開設

Written by 管理者

インターネット広告・メディア運営事業の株式会社インタースペースは、Jリーグ・FC今治が2023年竣工を目指す新スタジアムの建設プロジェクト「里山スタジアムプロジェクト」の特設サイトを開設した。同社は、

2021年01月14日

【卓球】琉球アスティーダとアンダーアーマーが沖縄の子どもの貧困対策支援『スポーツドネーションOKINAWA』を今春スタート

Written by 管理者

「沖縄から世界へ!」を旗印に、Tリーグ所属の琉球アスティーダを核とした新たなスポーツビジネスモデルを創出する琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社と、米スポーツアパレル「UNDER ARMOUR(アン

2020年12月28日

【Jリーグ】横浜FCが子供の未来応援基金へ寄付目録を贈呈

Written by 管理者

Jリーグの横浜FCは、子供の未来応援基金への寄付目録の贈呈をした。横浜FCは、Jリーグが提唱する社会連携活動「シャレン!」の一環として、子供の未来応援国民運動に参画している。地域の子供たちの未来と夢を

2019年02月27日

「“スポーツ×ベンチャー”で日本のサッカークラブを盛り上げたい」スポーツの地方創生支援 安部未知子さん(後編) ~知りたい!就きたい!スポーツの仕事 連載19回目 スポーツの地方創生支援編~

Written by Sports Japan GATHER

 SJNでは、アスリートとスポーツを愛する人でつくる新しいコミュニティーメディア「Sports Japan GATHER(ギャザー)」のご協力を得て、記事提供を頂いております。 東京2020オリンピッ

2019年02月21日

「“スポーツ×ベンチャー”で日本のサッカークラブを盛り上げたい」スポーツの地方創生支援 安部未知子さん(前編) ~知りたい!就きたい!スポーツの仕事 連載19回目 スポーツの地方創生支援編~

Written by Sports Japan GATHER

 SJNでは、アスリートとスポーツを愛する人でつくる新しいコミュニティーメディア「Sports Japan GATHER(ギャザー)」のご協力を得て、記事提供を頂いております。 東京2020オリンピッ

2018年11月08日

【セミナーレポート】サッカー×カニ「サッカニ」 なぜJクラブが地元名産品をプロモーションするのか~地方創生とスポーツの関係~

Written by 深谷 友紀

 地方Jクラブはサッカーだけやっていても生き残れない。 そんな危機感から、地元名産品を積極的にプロモーションしているガイナーレ鳥取を東京で応援しているのが、現在フリーランスの立場からプロスポーツクラブ

2017年09月08日

アメリカンフットボールの名門大学が異例のコラボ。3人の子どもがユニフォームをデザイン、その理由とは?

Written by 川内 イオ

 大学スポーツがプロ並みの盛り上がりを見せるアメリカ。アメリカンフットボールも日本では想像ができないほどの人気を誇り、トップチームは年間の収入が100億円を超え、年俸が10億円を超えるヘッドコーチもい

2017年07月03日

ウエスト・ブロムウィッチが中国に進出 オーナーは中国サッカー発展を目指す

Written by 川内 イオ

 イングランド・プレミアリーグに所属するウエスト・ブロムウィッチ(WBA)が、中国進出を計画している。イギリスと中国の複数メディアが報じている。 WBAは昨夏、中国の大手ランドスケープ設計事務所『Pa

2016年06月11日

サンディエゴ・パドレスの“炎上事件”が示す、欧米のスポーツ界で進むLGBTへの理解と共感

Written by 川内 イオ

 サンディエゴ・パドレスが、“炎上”している。事件は、5月21日の土曜日の夜、ロサンゼルス・ドジャースとの試合前に起きた。 全ての試合が国歌斉唱で始まるメジャーリーグ。毎試合のことなので、市民グループ

2016年05月07日

人口8万5000人の街が提供するスポーツツーリズム

Written by 谷口 輝世子

 カナダのカムループスという街へ行ってきた。日本代表も出場した女子アイスホッケー世界選手権2016を取材するためだ。 私が乗った飛行機が着陸したカムループスの空港は、小さな駅舎のような大きさの平屋建て

2016年02月10日

宇宙空間にケビン・スペイシーが浮かぶパーカー フロリダ・パンサーズが仕掛けた“謎”が話題に

Written by 川内 イオ

 アメリカのNHL(ナショナルホッケーリーグ)に所属するフロリダ・パンサーズが仕掛けた「謎」が、大きな話題を呼んでいる。 NHLのほとんどのチームでは、試合に勝利すると、その日活躍した選手に賞品を授与









ジャンル