事業許可番号 職業紹介: 13-ユ-311209

スポーツ業界の求人情報とトレンド

  ジャンル【テクノロジー/デジタル】

2020年07月10日

【プロ野球】パシフィックリーグマーケティングとシスコがパートナーシップを契約締結

Written by 管理者

パシフィックリーグマーケティング株式会社(PLM)と、シスコシステムズ合同会社は、デジタルテクノロジーを活用した新しいファンエクスペリエンス(体験)実現のため、パートナーシップ契約を締結した。PLMは

2020年07月08日

【プロ野球】日本ハムファイターズと電通が未来のリモート観戦席「Future Box Seatβ」の実証実験開始

Written by 管理者

株式会社電通は、スポーツをはじめエンターテインメント領域におけるファン起点でのDX(デジタルトランスフォーメーション)をさまざまなステークホルダーと共に実証実験を行いながら推進する。第1弾として、新型

2020年06月26日

【スポーツ×テクノロジー】三井情報のプロスポーツチーム向けファンエンゲージメント支援サービスがFANSHIPを採用

Written by 管理者

三井情報株式会社が提供する「プロスポーツチーム向けファンエンゲージメント支援サービス」は、同サービス内で提供される公式アプリのプッシュ通知機能に、株式会社アイリッジが提供する顧客データ分析プラットフォ

2020年06月19日

【スポーツ×テクノロジー】離れた人同士がVR空間上で動きを共有できる「VRリアルタイム“動作”配信サービス」のβ版を発表、スポーツの指導などに活用予定

Written by 管理者

CanGolfを提供するイマクリエイト株式会社は、VR(仮想現実)を用いた「VRリアルタイム"動作"配信サービス」のβ版を開発した。今後は2020年秋ごろの製品版リリースへ向けテストを重ねる予定。「V

2020年06月19日

【ラグビー】日本ラグビー協会とユーフォリアがポストコロナ時代に向け選手のコンディション管理分野での共同研究を強化

Written by 管理者

株式会社ユーフォリアと公益財団法人日本ラグビーフットボール協会は、ラグビー選手向けコンディション管理サービス分野における共同研究を強化する。本取り組みは、15人制男女日本代表や7人制男女日本代表を中心

2020年06月12日

【野球×テクノロジー】ACES・電通・GAORA・共同通信デジタルが姿勢推定AIアプリケーション「Deep Nine」を共同開発

Written by 管理者

ヒトの行動や感情を検知・解析するヒューマンセンシング技術を軸に、画像認識アルゴリズムを開発・提供する株式会社ACES、株式会社電通、株式会社GAORA、株式会社共同通信デジタルが、野球選手の能力強化や

2020年06月12日

【高校野球】ライブリッツが「キューステ!高校野球サービス」をスタート、2020夏の甲子園代替大会へ無償提供

Written by 管理者

ライブリッツ株式会社は、高校野球を対象に試合の結果・映像をオンラインで公開できるサービス「キューステ!高校野球サービス」を6月よりスタートする。キューステ!高校野球は、同社がこれまでに開発したプロ野球

2020年06月02日

【トレーニング】「バーチャル森永製菓トレーニングラボ」がオープン。アスリート専用トレーニング施設をバーチャル上で一般向けに無料開放

Written by 管理者

森永製菓株式会社は、運営するアスリート専用トレーニング施設「森永製菓トレーニングラボ」をバーチャル上で完全再現した「バーチャル森永製菓トレーニングラボ」を一般向けに公開した。同施設では、まるでジムにい

2020年05月27日

【スポーツ×テクノロジー】ONE TAP SPORTSのユーフォリアがスポーツ×科学で指導をアップデートするメディア『TORCH』を公開

Written by 管理者

アスリートのコンディション・体調管理ソフト「ONE TAP SPORTS(ワンタップスポーツ)」を開発・提供する株式会社ユーフォリアは、オウンドメディア『TORCH』を公開した。『TORCH』のコンセ

2020年05月26日

【パラスポーツ】オーカムテクノロジーズと日本ブラインドサッカー協会がソーシャルテクノロジーパートナーシップを締結

Written by 管理者

AI(人工知能)を搭載した視覚支援ウェアラブル機器の開発・製造を行うオーカムテクノロジーズ(イスラエル)と、日本ブラインドサッカー協会(JBFA)は、ソーシャルテクノロジーパートナーとして新たにパート

2019年12月05日

フランチャイズ100店舗展開!フロイド・メイウェザーのスポーツジムが人気の理由

Written by 川内 イオ

 50戦無敗で世界5階級を制覇し、2017年に引退したボクシング界のレジェンド、フロイド・メイウェザー。昨年の大晦日にキックボクサーの那須川天心とエキシビジョンマッチを行い、推定900万ドル(約10億

2019年06月29日

NBAがオーストラリアとシンガポールでVR×ARの「複合現実シアター」をスタート

Written by 川内 イオ

 アメリカのプロバスケットボールリーグNBAが、バーチャルリアリティー(VR)と拡張現実(AR)機能を併せ持った新しい番組の放送をスタートさせる。 6月25日、NBAはオーストラリアのクリエイティブテ

2019年04月26日

ゴルフのマスターズ・トーナメントでフル活用されたIBMのAI「ワトソン」

Written by 川内 イオ

 タイガー・ウッズの14年ぶり5度目の優勝で幕を閉じたゴルフのマスターズ・トーナメント。1934年にスタートした、世界の精鋭ゴルファーが集うこのツアーで、今回、革新的な取り組みが行われた。 IBMの人

2019年03月07日

イングランドのアマチュアチームが世界初の「AIコーチ」を導入

Written by 川内 イオ

 サッカー界ではパフォーマンス向上のために映像とデータ分析に注力するクラブが増えているが、イングランドのロンドンにあるクラブがさらに一歩先をいく取り組みを始めて話題になっている。2019年1月、イング

2019年02月02日

ユーロリーグの選手協会が「スマートユニフォーム」の着用に合意

Written by 川内 イオ

 ヨーロッパのプロバスケットボールリーグ「ユーロリーグ」で、新しい試みが始まる。生中継される試合でセンサー搭載のスマートユニフォームを着ることに選手協会が合意した。これは、2018年6月に設立された選

2018年12月03日

ゴルフのスイングを分析するウェアラブル端末を野球に活用 MLB球団などがバッターのスイング分析に導入

Written by 川内 イオ

 アメリカではスポーツにおけるテクノロジーの活用がトレンド化しており、競技のジャンルをまたいだ導入事例も出てきている。 現在、メジャーリーグのチームや野球のトレーニング施設が注目しているのは、ウェアラ

2018年10月03日

ドイツ・ブンデスリーガ、スポンサーボードをARで国別に出し分けるテクノロジーをテスト導入〜将来的な地域ターゲティングが可能に〜

Written by SPODIGI(旧・スポーツ×スポンサー辞典)

 SJNでは、スポーツとスポンサーに焦点を当てたスポーツビジネス考察サイト「SPODIGI(スポディジ)」(「スポーツ×スポンサー辞典」からリニューアル)のご協力を得て、記事提供を頂いております。 今

2018年07月06日

メキシコサッカー連盟がインテリジェントビデオコーチングシステムの導入を決定 メキシコ1部リーグ「リーガMX」所属の全18チームに配備

Written by 川内 イオ

 メキシコサッカー連盟は、メキシコの幅広い世代のサッカーのレベルを向上させるために、テクノロジーの導入を決定。高度な映像分析アルゴリズムを搭載した最新のAIカメラによる自動ビデオ制作プラットフォームを

2018年04月02日

高級時計ブランドのHUBLOTがW杯に向けて審判用スマートウォッチを開発 VARと連動し、微妙なゴールの判定に活用

Written by 川内 イオ

 6月に開幕するサッカーワールドカップ・ロシア大会で公式タイムキーパーを務める時計ブランドのHUBLOT(ウブロ)が、審判員が着用するスマートウォッチを発表した。 FIFA(国際サッカー連盟)からの要

2018年03月03日

ドイツサッカー連盟、代表チームにAR&VRトレーニングを導入へ

Written by 川内 イオ

 ドイツサッカー連盟(DFB)は、「拡張現実=Augmented Reality(AR)」と、「仮想現実=Virtual Reality(VR)」を用いた選手のトレーニングと分析を専門とするオランダの









ジャンル

PICK UP イベント情報