事業許可番号 職業紹介: 13-ユ-311209

スポーツ業界の求人情報とトレンド

【求人情報】公益財団法人日本オリンピック委員会/【副業兼業】ファンプラットフォーム構築を推進するデジタル戦略ディレクター

2020年11月19日 Written by 管理者

このエントリーをはてなブックマークに追加

募集期間:2020年11月18日(水)〜 2020年12月15日(火) 

【職種】

【勤務地】  東京

【募集背景】
公益財団法人日本オリンピック委員会(以下、JOC)では、東京2020大会の成功を目指すとともに、東京2020大会以降も継続的に社会全体にスポーツに対する関心を持ってもらうために、JOCとしてどのような取り組みを行うべきかを検討しております。
課題のひとつに、オリンピックの開催時期にはオリンピックそのものやスポーツには自然と多くの注目が集まりますが、それ以外の時期にアスリートやスポーツにフォーカスがあたる機会が限られていること、JOCが取り組んでいる施策内容も社会に伝えきれていないことがあると捉えています。
そこでその課題を解消するためにも、スポーツの持つ価値、JOCの活動を多くの人に伝え、スポーツやオリンピックのファンを継続的に拡大していくことを目的に、JOCの持つWebサイトやSNSを再構築するとともに、新たなオウンドメディアとしてファンプラットフォームを開発することといたしました。スポーツの持つ魅力をより多くの人に届けるためには、スポーツ界だけに捉われない広い視点も重要です。そこで、すでにスポーツ界に関わっている方にとどまらず、デジタルマーケティングなどの知見、スキルを持った方に今回のプロジェクトを強力に推進していただきたいと考え、外部より募集することを決めました。

【仕事内容】
下記のような業務を、優先順位を付けてお任せする予定です。
・ファンプラットフォーム構築における全体の企画・戦略策定
・戦略に基づいたファンプラットフォームのグランドデザイン
・カスタマージャーニーマップ設計/CRM戦略の立案
・コンテンツの全体計画
・(ファンプラットフォーム運用開始後)データ分析および効果検証と新たな施策の立案

【補足情報】
・ファンプラットフォームは、CRM機能を持つメディアプラットフォームやチケットプラットフォームとしての役割を担うことを現時点では想定しております。
・お任せする業務・役割については面接を通じて決定していきたいと考えておりますので、まずはふるってご応募頂けますと幸いです。

【所属部門】  広報部


詳細⇒https://www.bizreach.jp/job-feed/public-advertising/0xgstte/


スポーツ業界の求人情報とトレンドは SPORTS JOB NETWORK










ジャンル