事業許可番号 職業紹介: 13-ユ-311209

スポーツ業界の求人情報とトレンド

【プロ野球】ファナティクス・ジャパンとの長期戦略的リテールパートナーシップ契約締結について

2020年10月05日 Written by 管理者

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ野球パ・リーグの北海道日本ハムファイターズの新球場を保有・運営する株式会社ファイターズスポーツ&エンターテイメントと、世界最大級のオフィシャルスポーツライセンスマーチャンダイズ企業であるFanatics Inc.の日本法人ファナティクス・ジャパン合同会社は、双方の経営資源を活用し、マーチャンダイジングビジネスの革新と飛躍的な発展を目的としたパートナーシップ契約を締結した。

同パートナーシップにより、ファナティクスはファイターズの戦略的リテールパートナーとして、ファイターズのマーチャンダイジング事業に、2021年シーズンから参画する。公式オンラインストアを含めその後段階的に拡大。2023年に開業予定の新球場ES CON FIELD HOKKAIDOでは、公式フラッグショップなどの設計段階からプロジェクトに携わることになる。契約期間は2021年1月から12年間。

ファナティクスは、MLB、NFL、NBA、NCAAをはじめとする米国スポーツ、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマンをはじめとする欧州サッカー大手クラブのグッズの企画製造、小売機能等を担う世界最大級のオフィシャルスポーツライセンスマーチャンダイズ企業であり、ファナティクス・ジャパンはスポーツアパレルブランド「マジェスティック」の日本支店を母体として、ファナティクスのアジア全体での事業展開を進める拠点として設立された。

株式会社ファイターズスポーツ&エンターテイメント代表取締役社長、株式会社北海道日本ハムファイターズ代表取締役社長、川村浩二氏のコメント
「このたびのパートナーシップ締結は、新たな価値創出のスタートとなることと非常に喜ばしく思っております。スポーツリテールにおける世界的企業であるFanatics社と契約を結ぶことにより、当社のマーチャンダイジング事業が次のステージへ進む大きな契機となると確信しています。ファンの皆さまとファイターズにおける重要なタッチポイントとなるグッズ開発や公式オンラインストアの刷新、2023年開業予定の新球場ES CON FIELD HOKKAIDOにおける公式フラッグショップ設計へのプロジェクト参加を通して、ファイターズファンの皆さまにより一層の喜びをお届けできるように、両社で協働して取り組んでまいります」

ファナティクス・ジャパン合同会社マネジング・ディレクター、川名正憲氏のコメント
「北海道日本ハムファイターズは、日本のスポーツ界で最も先進的で革新的な取り組みを続けている球団の一つであり、その中でも今回のパートナーシップを通じて、『世界がまだ見ぬボールパーク』として建設中の新球場ES CON FIELD HOKKAIDOプロジェクトに設計段階から関われることは、この上ない喜びであります。『世界一のファンブランド』となることをビジョンに掲げている当社としては、グローバルな知見・ネットワークを生かした商品品揃えの強化、EC/店舗での購入体験のアップグレードとサービスレベルの劇的な向上を実現することで、北海道、そして全国のファイターズファンの皆さまの満足度最大化に向けて邁進していきます」

●このニュースの詳細はこちら。(北海道日本ハムファイターズ 公式サイトより)
https://www.fighters.co.jp/news/detail/00002825.html


記事元:PR Times


スポーツ業界の求人情報とトレンドは SPORTS JOB NETWORK








ジャンル

PICK UP イベント情報