事業許可番号 職業紹介: 13-ユ-311209

スポーツ業界の求人情報とトレンド

【障がい者スポーツ】障がい者ダイバー向け指導員養成講座を車椅子専用リゾート「ゼログラヴィティ」で開催

2016年02月27日 Written by 管理者

このエントリーをはてなブックマークに追加

 株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ、本社:東京都港区)が総合代理店をつとめる鹿児島県奄美大島の車椅子専用リゾート「ゼログラヴィティ」にて、2月29日(月)~3月6日(日)、障がい者向けダイビングインストラクター養成講座「HSA JAPAN指導員養成コース」が開催される。

 HSA(Handicapped Scuba Association、以下HSA)とは、世界30カ国以上に支部や拠点を持つ、世界最大の障がい者ダイビング指導団体だ。アメリカに本部があり、2015年に日本支部が立ち上がった。

 障がい者のダイビングは、一般的なダイビング知識以外にも、障がいに関する医学的知識やそれに伴う高度な潜水技術が必要となる。そこで、障がい者に対応する専門指導員を養成し、より安全にサポートを行うために、同コースが設立された。

 同コースには、指導員を養成できるようになる「コースディレクター養成コース」も含まれている。修了した人はHSAインストラクターとして、障がいのある人のライセンス認定のほか、それをサポートするダイブバディーの認定が行えるようになる。

 講座では、障がいに関する医学的な基本事項を座学で学び、プールや海で実践を学ぶ。手足を縛り四肢麻痺のシミュレーションや、全盲のダイバーのシミュレーションなどを行う予定だ。手話を学んだり、使用する特殊器材の考察も実施される。


障がい者ダイビング指導団体 HSA JAPAN
http://hsajapan.net/


スポーツ業界の求人情報とトレンドは SPORTS JOB NETWORK








ジャンル

PICK UP イベント情報