スポーツビジネス・マネジメントのトレンドと求人情報

【イベント情報】9/26(水)スポーツテック未来会議2018 -テクノロジーがもたらすスポーツ産業の未来-

2018年09月14日 Written by 管理者

このエントリーをはてなブックマークに追加



2020東京五輪まであと2年を切りました。


一方で、スポーツ産業15兆円への道のりはまだ不確かです。

ポスト2020に向けた道筋を今のうちに作っておかなければ、

日本のスポーツ産業の成熟と成長はありえません。

テクノロジーやデジタルがその成長にどう貢献していくのか

関係する有識者や所管省庁、ベンチャー企業とともに、答えを探します。




2018年3月に、早稲田大学スポーツビジネス研究所と株式会社NTTデータ経営研究所は


Sports-Tech & Business Lab(スポーツテック&ビジネスラボ)を設立し、


スポーツ×ICTをキーワードに新しい産業・事業モデルの創出に貢献することを目的に


活動してまいりました。


本シンポジウムでは,これまで蓄積した最新の知見および先進事例が紹介される予定


でございます。






<主なテーマ>


●スポーツ×デジタル、スポーツテックの世界の最先端


●スポーツテックのビジネスや地域づくりへの応用の実例


●今後のスポーツ産業の成長に向けた展望




Sports-Tech & Business Lab事業創発シンポジウム「スポーツテック未来会議2018」




日程: 2018年9月26日(水)


時間: 13時~18時 (12時受付開始) 


場所: 早稲田大学大隈記念講堂 


参加: 無料(定員600名)


※スポーツ、街づくり、テクノロジーに関心がある方はどなたでもご参加いただけます。



<プログラム>



●開会挨拶 13:05-13:10


早稲田大学大学院スポーツ科学学術院 教授 間野義之




●基調講演 13:10-13:30


スポーツ庁スポーツ総括官 齋藤 福栄氏


第1部 Sports-Tech & Business Labにおける実証研究の企画、推進状況の共有 13:30-14:50


  Intro:What’s Sports-Tech & Business Lab ? 


  A: 地域を軸としたデジタルスポーツタウン
 ~横浜市での水中VR実証実験~(仮題)


  B: スポーツデータ分析と教育分野・健康経営等への応用


  C: スポーツファンのエンゲージメントの見える化と新たなスポーツ体験の創出 
~スタジアム・アリーナでのIoT調査プロジェクト~(仮題)


第2部 Sports-tech事業者のピッチ・有識者講演 14:50-16:10(4名×20分)


 ・株式会社ワイアードゲート 代表取締役社長 鈴木 肇氏 ~VRスポーツ観戦と吉備高原のスポーツオープンイノベーション拠点構想~

 ・ventus Inc. 取締役COO 梅澤優太氏  ~東大発スタートアップ スポーツ選手の「電子トレカ」売買サービス~

・A社 (調整中)

 ・B社 (調整中)



第3部 パネルディスカッション 16:10-17:40


(1)テクノロジーが変える「未来のスポーツ体験」とは(仮)


 モデレーター:


  株式会社NTTデータ経営研究所情報戦略事業本部
シニアマネージャー 河本敏夫


 パネリスト:


  ①Bリーグ 事務局長 葦原一正


  ②スポーツ庁 民間スポーツ担当参事官補佐 忰田康征


  ③meleap CEO 福田浩士


(2)スポーツ産業における「デジタルレガシー」の行方(仮)


  モデレーター:


   早稲田大学大学院スポーツ科学学術院教授 間野義之


  パネリスト: 


    追手門学院大学 准教授 上林功


    株式会社ユーフォリア 代表取締役 橋口寛


    株式会社スポーツマーケティングラボラトリー 執行役員 石井宏司




●閉会挨拶: 17:40-18:00


 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授
 中村伊知哉


詳細⇒https://spotech-mirai.peatix.com/










アーカイブ

ジャンル