スポーツビジネス・マネジメントのトレンドと求人情報

【ラグビー】日本ラグビーフットボール協会がラグビーW杯2019日本開催に向け、ラグビー選手が再起を狙う動画『トップリーグの逆襲』を公開!

2017年08月09日 Written by 管理者

このエントリーをはてなブックマークに追加

 公益財団法人 日本ラグビーフットボール協会は、日本ラグビー最高峰リーグ「ジャパンラグビートップリーグ」の認知拡大を目指すWebムービー『トップリーグの逆襲』を公開中だ。同ムービーは、トップリーグの選手たちをはじめ、レフェリー、スタッフ、一般ファンなど多数の出演者により、あの手この手でトップリーグの魅力を伝えるとともに、8月18日(金)から27都道府県39会場で開催されるジャパンラグビー トップリーグ2017-2018の観戦意向の向上を目指すものとなっている。

「ラグビーワールドカップ史上最大の衝撃」「スポーツ史上屈指の番狂わせ」、日本代表の活躍が世界中のメディアを賑わせた、2015年ラグビーワールドカップ。その年、日本ラグビーは過去にない注目を集め、トップリーグの観客動員は49万人と歴代最多を記録。しかし、昨シーズンは早くも前年比3万人減。2019年にはラグビーワールドカップの日本開催を控え、今シーズンは絶対にトップリーグを盛り上げなければならないということで、従来のアプローチだけでは通用しないことを実感し、トップリーガーが一丸となって「逆襲」に向けて立ち上がり、同ムービーを作成するに至ったという。

■公益財団法人 日本ラグビーフットボール協会 公式サイト
https://www.rugby-japan.jp/


記事元:PR TIMES










アーカイブ

ジャンル