事業許可番号 職業紹介: 13-ユ-311209

スポーツ業界の求人情報とトレンド

ホーム球場を大胆にリニューアルしたニューヨーク・メッツ ブリュワリーをオープンし、クラブシートも大改装

2018年03月29日 コラム Written by 川内 イオ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「観戦体験の向上」を目指して、スタジアムのエンターテインメント化が進むアメリカ。昨シーズンの観客動員数が246万人で、2016年の279万人から33万人落ち込んだMLBのニューヨーク・メッツも、シティ・フィールド球場の一部をリニューアルした。

 ユニークなのは、ビールのブリュワリーを造ったこと。独自の醸造所を持たず、世界各地でオリジナルビールを作る「ファントムブリュワー」として知られるデンマークの人気クラフトビールブリュワリー、ミッケラーがスタジアムの敷地内にブリュワリーを開いているのだ。そこでは60種類のビールが販売されており、なかには野球をテーマにしたビールもあるそう。チケットなしで誰でも入ることができるレストランも併設されている。

 右翼側にある「シティパビリオン」も改装。200㎡あるこのスペースはラウンジスタイルで、軽食、アルコールとソフトドリンクを提供する新しいプライベートバーが新設された。ファンは、自由に移動できるベンチ席でくつろいだり、スタンディングで飲食を楽しみながら観戦できるようになった。

 シティ・フィールド球場のホームベースの真後ろにある、クラブシートと呼ばれる最も金額の高い席も衣替え。席からすぐにアクセスできる専用バーは「Delta Sky 360 club」から「First Data Club」に名称を変え、面積も倍増しておよそ200㎡超になった。

「First Data Club」では無料で飲食ができるほか、自席で試合を観戦しながら、日本にも進出しているハンバーガーチェーン、シェイクシャックやフライドチキン&ワッフルを提供するNYの人気レストランSweet Chickなどのメニューを注文することができる。
 さらに、メッツは映画会社とコラボレーションし、専用バーで『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』など映画に関連したAR体験の提供を予定しているそうだ。

 ほかにもチームグッズの無料プレゼントや、新しくスポンサー契約を結んだニューヨークの宝くじとの取り組みなど、ソフトからハードまで観客をスタジアムに惹きつける策が盛りだくさん。これらがどう影響するのか、今シーズンの観客動員数に注目だ。

【了】

川内イオ●文 text by Io Kawauchi
1979年生まれ。大学卒業後の2002年、新卒で広告代理店に就職するも9カ月で退職し、2003年よりフリーライターとして活動開始。2006年にバルセロナに移住し、主にスペインサッカーを取材。2010年に帰国後、デジタルサッカー誌、ビジネス誌の編集部を経て現在フリーランスの構成作家、エディター&ライター&イベントコーディネーター。ジャンルを問わず「規格外の稀な人」を追う稀人ハンターとして活動している。『BREAK!「今」を突き破る仕事論』(双葉社)を発売中。http://u0u0.net/Ct2N


スポーツ業界の求人情報とトレンドは SPORTS JOB NETWORK








カテゴリー