事業許可番号 職業紹介: 13-ユ-311209

スポーツ業界の求人情報とトレンド

音声SNS「Clubhouse」がNFL、NHLと提携。選手とファンの距離を縮めるイベントを開催

2021年07月02日 コラム Written by 川内 イオ

このエントリーをはてなブックマークに追加

音声SNSのClubhouse(クラブハウス)がNHL(北米プロアイスホッケーリーグ)とコラボした企画が話題になっている。

今シーズンのNHL王者を決めるスタンレー・カップのファイナルは、モントリオール・カナディアンズとタンパベイ・ライトニングの対戦となった。NFLでは、6月28日(現地時間)からスタートしたファイナルの前日に、バーチャルメディア・デーを開催。その際に、Clubhouse内に公式チャネルを開設し、ファイナルに出場する両チームの選手と司会者のトークを聴くだけでなく、ファンもトークに参加できる時間を設けた。

リーグとClubhouseの次の計画は公表されていないが、NHLのチーフマーケティングオフィサーであるハイディ・ブラウニング氏は、Clubhouseをより定期的に使用する、「年間を通じてホッケーファンに特別なライブオーディオ体験を提供する多くの機会の最初のものであることを願っている」とコメント。次のシーズン、定期的に選手とファンの交流が実現するかもしれない。

Clubhouseは今年4月、NFL(ナショナルフットボールリーグ)と提携し、4月29日から5月1日まで開催されたドラフトで公式チャンネルを通してドラフト関連の話題を配信した。ここではドラフト候補者の評価、ドラフトの実況などのほか、指名された選手に視聴者が交流する時間もあった。

Clubhouseのユーザー数は世界で1000万人以上といわれており、今後、選手とファンがインタラクティブに交流する場としてClubhouseが活用される機会が増えそうだ。

【了】

川内イオ●文 text by Io Kawauchi
1979年生まれ。大学卒業後の2002年、新卒で広告代理店に就職するも9カ月で退職し、2003年よりフリーライターとして活動開始。2006年にバルセロナに移住し、主にスペインサッカーを取材。2010年に帰国後、デジタルサッカー誌、ビジネス誌の編集部を経て現在フリーランスの構成作家、エディター&ライター&イベントコーディネーター。ジャンルを問わず「規格外の稀な人」を追う稀人ハンターとして活動している。新著『1キロ100万円の塩をつくる: 常識を超えて「おいしい」を生み出す10人』(ポプラ新書)が発売中。https://amzn.to/2ZaM9Mz


スポーツ業界の求人情報とトレンドは SPORTS JOB NETWORK








カテゴリー

PICK UP イベント情報