事業許可番号 職業紹介: 13-ユ-311209

スポーツ業界の求人情報とトレンド

FIFAが音楽とサッカーに焦点を当てた音声コンテンツの配信をスタート

2021年02月03日 コラム Written by 川内 イオ

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際サッカー連盟(FIFA)が、音声コンテンツの配信を始める。今年1月、世界最大の音楽企業・ユニバーサルミュージックグループと提携し、サッカーファン、音楽ファン、プレーヤー、アーティストをつなげる新しいエンターテインメント戦略「FifaSound」を立ち上げた。

この戦略の一環として、世界的人気のグループ、ワン・ダイレクションのメンバーであるリアム・ペインとスポーツプレゼンターのジェイディー・ダイアーがホストを務める全8回のポッドキャストシリーズ「FIFAPlayOn」がスタートした。このシリーズでは、世界的なミュージシャンと共に、サッカー選手が登場。人生の重要な瞬間と、インスピレーションを与えた音楽についてトークを繰り広げる。

1月13日に配信された最初のエピソードでは、スペインのセビージャに所属するクロアチアのサッカー選手、イヴァン・ラキティッチとコロンビアの人気バンド、モラットが出演した。

他にゲストとして、アメリカの女子サッカー選手、カーリー・ロイド、アメリカのシンガーソングライター、レイチェル・プラッテン、ナイジェリア女子代表のエース的存在、アシサット・オショアラ、ナイジェリアのシンガーソングライター兼女優、ティワ・サベージの登場も予定されている。

FIFAは今後、新たな音声コンテンツの投入を予定している。音楽とサッカー、ミュージシャンと選手のコラボレーションが今後どのような展開を見せるのか、目と耳が離せない。

【了】

川内イオ●文 text by Io Kawauchi
1979年生まれ。大学卒業後の2002年、新卒で広告代理店に就職するも9カ月で退職し、2003年よりフリーライターとして活動開始。2006年にバルセロナに移住し、主にスペインサッカーを取材。2010年に帰国後、デジタルサッカー誌、ビジネス誌の編集部を経て現在フリーランスの構成作家、エディター&ライター&イベントコーディネーター。ジャンルを問わず「規格外の稀な人」を追う稀人ハンターとして活動している。新著『1キロ100万円の塩をつくる: 常識を超えて「おいしい」を生み出す10人』(ポプラ新書)が発売中。https://amzn.to/2ZaM9Mz


スポーツ業界の求人情報とトレンドは SPORTS JOB NETWORK








カテゴリー