事業許可番号 職業紹介: 13-ユ-311209

スポーツ業界の求人情報とトレンド

愛するクラブにゲームで貢献。グリーズマンのeスポーツチームがマルセイユと契約

2020年12月04日 コラム Written by 川内 イオ

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランスの名門サッカークラブ、マルセイユと、FCバルセロナでプレーするフランス代表選手、アントワーヌ・グリーズマンがパートナーシップ契約を結んだ。と言っても、これはeスポーツのニュースである。

アントワーヌ・グリーズマンが、弟のテオ・グリーズマンと共にeスポーツチーム「Grizi Esport」を設立したのは、今年1月。「Grizi Esport」は、世界的人気ゲーム「Fortnite(フォートナイト)」「League of Legends(LoL)」「レインボーシックスシージ(R6S)」「Counter-Strike: Global Offensive (CS:GO)」、そしてサッカーゲーム「FIFA」という5つのゲームで活動している。

マルセイユにとって初めてのeスポーツ進出となる今回のパートナーシップ契約では、2020-21シーズンの「FIFA」の大会で、GriziEsport に所属する2人のプレーヤーがマルセイユ代表として参戦する。ちなみに、「FIFA」は複数の大会を主催しており、2人のプレーヤーはFIFAグローバルシリーズとFIFA eClubワールドカップのほか、ゲームのパブリッシャーであるEASportsとフランスのプロサッカーリーグ連盟(LFP)が主催するeLigue1に参加予定と報じられている。

GriziEsportには、昨年のeLigue1でサンテティエンヌ代表としてプレーし、優勝したeプレーヤーが所属。さらに、マルセイユとの契約に先立ち、元FIFAeワールドカップ準決勝進出者で、昨年のeLigue1でもリヨン代表としてベスト8に入ったeプレーヤーを獲得した。フランス国内だけで「FIFA」のユーザーは900万人いると推定されているが、この2人を擁するマルセイユは、eLigue1優勝候補といえるだろう。

今回の契約は、アントワーヌ・グリーズマンが幼いころからマルセイユのファンだったことが背景にある。現役プレーヤーが、ゲームを通すことで自分が愛するクラブに貢献するという新しい形のパートナーシップが、誕生した。

【了】

川内イオ●文 text by Io Kawauchi
1979年生まれ。大学卒業後の2002年、新卒で広告代理店に就職するも9カ月で退職し、2003年よりフリーライターとして活動開始。2006年にバルセロナに移住し、主にスペインサッカーを取材。2010年に帰国後、デジタルサッカー誌、ビジネス誌の編集部を経て現在フリーランスの構成作家、エディター&ライター&イベントコーディネーター。ジャンルを問わず「規格外の稀な人」を追う稀人ハンターとして活動している。新著『農業新時代 ネクストファーマーズの挑戦』(文藝春秋)が発売中。https://amzn.to/2MKcg7g


スポーツ業界の求人情報とトレンドは SPORTS JOB NETWORK










カテゴリー

PICK UP イベント情報