事業許可番号 職業紹介: 13-ユ-311209

スポーツ業界の求人情報とトレンド

新型コロナウイルス対策でF1が「ヴァーチャルグランプリ」開催。ユニークなドライバーがゲームで腕を競う

2020年04月03日 コラム Written by 川内 イオ

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの影響により、オーストラリア、バーレーン、ベトナム、中国、オランダ、スペインでのレースを延期、モナコでのレースを中止したF1が、ヴァーチャルレースに舵を切った。PC版ゲーム『F1 2019』を使用した「F1 eスポーツヴァーチャルグランプリ」の開催を発表したのだ。

最初のレース「ヴァーチャルバーレーングランプリ」は3月22日に行われた。ゲーム画面に並ぶのは実際にF1に参加しているレーシングカーで、レーサーには業界を超えて多彩なメンバーが集結した。

その一部を紹介しよう。例えば、レッドブルは自転車競技で五輪の金メダルを7回獲得したクリス・ホイとプロドライバーのフィリップ・エング、ルノーはフォーミュラ2のエースである中国出身の周冠宇とゴルフ界のスター、イアン・ポールター、ウィリアムズはF1ドライバーのニコラス・ラティフィ、シンガーソングライターでワンダイレクション元メンバーのリアム・ペインを起用した。

このユニークなメンバーがハンドルではなくゲームのコントローラーを握ってタイムを競い、レースの模様はTwitch、YouTube、FacebookのF1公式チャネルで配信された。優勝したのは、ヘルメット、レーシングスーツ、グローブにブーツとフル装備で臨んだ周冠宇(ルノー)。2位にはフィリップ・エング(レッドブル)、3位にはF1ドライバーのランド・ノリス(マクラーレン)が入った。

F1は、今後もF1のスケジュールに従って同様のレースが開催するとしており、5回のヴァーチャルグランプリが予定されている。また、レースのない週末には世界中のファンがドライバーと直接対決する「オンラインエキシビションレース」も開催されるようだ。

【了】

川内イオ●文 text by Io Kawauchi
1979年生まれ。大学卒業後の2002年、新卒で広告代理店に就職するも9カ月で退職し、2003年よりフリーライターとして活動開始。2006年にバルセロナに移住し、主にスペインサッカーを取材。2010年に帰国後、デジタルサッカー誌、ビジネス誌の編集部を経て現在フリーランスの構成作家、エディター&ライター&イベントコーディネーター。ジャンルを問わず「規格外の稀な人」を追う稀人ハンターとして活動している。新著『農業新時代 ネクストファーマーズの挑戦』(文藝春秋)が発売中。https://amzn.to/2MKcg7g


スポーツ業界の求人情報とトレンドは SPORTS JOB NETWORK








カテゴリー

PICK UP イベント情報