事業許可番号 職業紹介: 13-ユ-311209

スポーツ業界の求人情報とトレンド

スペイン1部リーグのヘタフェが廃棄予定だったプロダクトのアップサイクルを開始

2020年01月06日 コラム Written by 川内 イオ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 スペインのプロサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラの1部リーグに所属するヘタフェが、持続可能な社会の実現を目指して具体的な行動を起こしている。

 2019年12月18日、ヘタフェは気候変動対策の一環として、廃棄物を回収し、アイデアを加えて新たに価値のあるプロダクトを製造している企業、Upcycool社とパートナーシップ契約を締結した。この契約によって、ヘタフェのユニフォームや練習着など、本来は廃棄される予定だったキットやさまざまな用途で使用された機器がUpcycoolによって回収され、アップサイクルされる。

 Upcycoolが回収するものとして、製造上の欠陥があるもの、過去のシーズンに使用されていて、今は使われていないもの、耐用年数を満たしたものを挙げている。これらを使用して、ヘタフェが拠点を置くマドリードで、廃棄物と二酸化炭素排出量を最小限に抑えながら、ヘタフェのブランド価値を高めるようなプロダクトを製造するとしている。

 プロサッカーチームのユニフォームや練習着などが実際にどれぐらい廃棄されているのか、これまでブラックボックスだった。クラブによって違いがあるだろうが、今回の取り組みで知られざる側面が明らかになるだろう。

 ヘタフェは2018年から環境負荷を引き下げる取り組みを始めており、ホームスタジアムのコリセウム・アルフォンソ・ペレスで排出されるゴミを減らすために、環境ベンチャーのEcoembes社とも提携している。

 スペイン1部リーグのクラブがリサイクル、アップサイクルに乗り出すことで、追随する動きが出ることも期待される。

【了】

川内イオ●文 text by Io Kawauchi
1979年生まれ。大学卒業後の2002年、新卒で広告代理店に就職するも9カ月で退職し、2003年よりフリーライターとして活動開始。2006年にバルセロナに移住し、主にスペインサッカーを取材。2010年に帰国後、デジタルサッカー誌、ビジネス誌の編集部を経て現在フリーランスの構成作家、エディター&ライター&イベントコーディネーター。ジャンルを問わず「規格外の稀な人」を追う稀人ハンターとして活動している。新著『農業新時代 ネクストファーマーズの挑戦』(文藝春秋)が発売中。https://amzn.to/2MKcg7g


スポーツ業界の求人情報とトレンドは SPORTS JOB NETWORK








カテゴリー

PICK UP イベント情報