スポーツビジネス・マネジメントのトレンドと求人情報

選手が自分のスマホで「舞台裏」を撮影! NHLのSNS戦略が話題に

2019年05月30日 コラム Written by 川内 イオ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 アメリカのナショナルホッケーリーグ(NHL)のSNSを使った新しい取り組みが話題を呼んでいる。

 4月10日から始まった、東西のカンファレンスの上位8チームが優勝を争うNHLのプレーオフ。5月27日からファイナル(7回戦制)が始まるが、プレーオフ開幕に合わせて仕掛けたのが「Cup Confidential」。

 プレーオフへの注目度を高めるために、NHLはプレーオフに出場する16チームに対して、更衣室、移動中の飛行機の中など「舞台裏」で自分のスマホを使ってセルフィーの動画を撮影し、NHLに提供してくれる選手を1人、指名するように依頼した。

 この動画はNHLの公式Twitter、Instagram、Facebook、スナップチャット、YouTubeの各アカウントに投稿された。NHLが5月16日までにまとめたデータによると、「Cup Confidential」のビデオは合計1260万ビューと7400万インプレッションを記録している。

 最も反響の大きかった動画は、1917年のNHL創設時に加盟した「オリジナル6」と呼ばれ、過去6回、リーグを制している名門ボストン・ブルーインズのクリス・ワグナー選手のアカウントから投稿されたもので、実際にはチームメートのブラッド・マルシャン選手が撮影している。この投稿はFacebook上だけで40万ビューを超えた。

 NHLの最高コンテンツ責任者であるスティーブ・マイヤー氏は、アメリカのメディアに対して「この結果は予想を上回るものだった」とコメントした。この成功を受けて、NHLは次のシーズンのレギュラーシリーズから導入する可能性もあるとしている。ちなみに、「Cup Confidential」自体はInstagramの「ストーリーズ」上で最もよく視聴されたようだ。

【了】

川内イオ●文 text by Io Kawauchi
1979年生まれ。大学卒業後の2002年、新卒で広告代理店に就職するも9カ月で退職し、2003年よりフリーライターとして活動開始。2006年にバルセロナに移住し、主にスペインサッカーを取材。2010年に帰国後、デジタルサッカー誌、ビジネス誌の編集部を経て現在フリーランスの構成作家、エディター&ライター&イベントコーディネーター。ジャンルを問わず「規格外の稀な人」を追う稀人ハンターとして活動している。『BREAK!「今」を突き破る仕事論』(双葉社)を発売中。http://u0u0.net/Ct2N









カテゴリー

アーカイブ