事業許可番号 職業紹介: 13-ユ-311209

スポーツ業界の求人情報とトレンド

パリ・サンジェルマンに噂される、ジョーダン・ブランドとのコラボレーションは実現なるか?

2018年08月01日 コラム Written by 川内 イオ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 バスケットボール界のレジェンド、マイケル・ジョーダンのシルエット「ジャンプマン」をブランドロゴにするナイキのジョーダン・ブランド。バスケットボールシューズの「エア ジョーダン」シリーズが有名だが、これまでアメリカンフットボール、メジャーリーグ、ボクシングなどのスターアスリートたちと契約し、人気を博してきた。

 この「ジャンプマン」が、ついにサッカー界にも進出するかもしれない。もともとナイキとユニフォーム契約をしているフランスのパリ・サンジェルマンが来季、ジョーダン・ブランドのユニフォームを着るのでは、と複数の海外メディアが報じている。

 噂の発端は、アメリカのシンガー、ジャスティン・ティンバーレイクがパリで開催されたライブでパリ・サンジェルマンとジョーダン・ブランドのコラボレーションジャケットを着用していたこと。また、パリ・サンジェルマンと「ジャンプマン」のロゴを組み合わせたシューズの発売が予定されていることもあり、現地メディアが反応しているのだ。なかには「UEFAチャンピオンズリーグでジョーダン・ブランドのユニフォームがお披露目されるだろう」と報じているメディアもある。

 ナイキはサッカー界で着実に勢力を増しており、2010年のFIFAワールドカップ・南アフリカ大会ではナイキのユニフォームを着用したプレーヤーは全体の44%だったが、今年のロシア大会では65%にまで伸びている。決勝に進出したフランスとクロアチアの両チームがナイキだったこともあり、特にワールドカップ以降、ナイキのサッカー部門の売り上げは増加しているようだ。

 パリ・サンジェルマンには、2016年に一度だけ、ブラジル代表の試合の際にジョーダン・ブランドのスパイクを履いたことがあるネイマール、そしてロシアでブレイクした新星キリアン・ムバッペも所属している。噂の真偽は定かではないが、ナイキがサッカー界でジョーダン・ブランドを売り出すとしたら、パリ・サンジェルマンはうってつけのチームと言えるだろう。

【了】

川内イオ●文 text by Io Kawauchi
1979年生まれ。大学卒業後の2002年、新卒で広告代理店に就職するも9カ月で退職し、2003年よりフリーライターとして活動開始。2006年にバルセロナに移住し、主にスペインサッカーを取材。2010年に帰国後、デジタルサッカー誌、ビジネス誌の編集部を経て現在フリーランスの構成作家、エディター&ライター&イベントコーディネーター。ジャンルを問わず「規格外の稀な人」を追う稀人ハンターとして活動している。『BREAK!「今」を突き破る仕事論』(双葉社)を発売中。http://u0u0.net/Ct2N


スポーツ業界の求人情報とトレンドは SPORTS JOB NETWORK








カテゴリー

PICK UP イベント情報