事業許可番号 職業紹介: 13-ユ-311209

スポーツ業界の求人情報とトレンド

海のゴミをユニフォームに? 「アディダス×レアル&バイエルン」による環境保全プロジェクト

2016年12月20日 コラム Written by SPODIGI(旧・スポーツ×スポンサー辞典)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 SJNでは、スポーツにスポンサードする企業を、チーム、コンペティションごとにまとめたウェブサイト「スポーツ×スポンサー辞典」のご協力を得て、記事提供を頂いております。

 今回は、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)とレアル・マドリード(スペイン)のユニフォームサプライヤーである、アディダスによるスポンサーシップのアクティベーション事例をご紹介します。アディダスは両チームと協力し、環境保全に関わる画期的な取り組みを行いました。

※レアル・マドリードのスポンサー企業一覧はこちらから
http://www.sponsorship-activations.com/liga-espa%C3%B1ola/real-madrid/
※バイエルン・ミュンヘンのスポンサー企業一覧はこちらから
http://www.sponsorship-activations.com/bundesliga/bayern-munchen/

(出典:スポーツ×スポンサー辞典『海のゴミをユニフォームに?「アディダス×レアル&バイエルン」による環境保全プロジェクト』2016年12月12日)
――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇


(ⒸParley for the Oceans/Adidas)

■海のゴミをリサイクルして製造したユニフォームを試合で着用

 アディダスは、海洋保護団体「Parley for the Oceans(パーレイ・フォー・ジ・オーシャン)との協力の下、海洋プラスチックゴミ素材を使用したユニフォームを製造し、バイエルン・ミュンヘンとレアル・マドリードの選手たちがこのユニフォームを着用してプレーするという取り組みを行いました。

 11月5日に行われたホッフェンハイム戦でバイエルンの選手たちはこのユニフォームを着用してプレーしました。また、同月26日に行われたスポルティング・ヒホン戦でも、レアルの選手たちがこのユニフォームを着用してプレーしました。

 両チームの胸スポンサーであるエミレーツ航空とTモバイルとは、企業ロゴが薄くなることに合意の上で、このユニフォームは製造されています。ユニフォームの右下には「Parley」のロゴも印刷されており、通常のユニフォームとは違うテイストになっています。

 レアルとバイエルンという2つのビッグクラブを巻き込んだこのプロジェクト。どのような戦略が練られていたのか考察します。

1. パーレイ・フォー・ジ・オーシャンの認知拡大と、課題解決に向けたアクション
 今回の海洋プラティック素材ユニフォームの着用は、パーレイ・フォー・ジ・オーシャンとアディダスの取り組みについて、全世界に認知を図る上で非常に効果的な手段といえるでしょう。

 レアルとバイエルンは世界中に知れ渡るビッククラブであり、毎試合世界各国で多くの人々が試合を見ます。いつもと違うユニフォームを着ていれば、何か違和感を覚えて気付きますし、パーレイ・フォー・ジ・オーシャンの取り組みを知るきっかけとなります。

 また、11月4日に行ったプレスリリースのタイミング、バイエルンは11月5日、レアルは11月26日と節をずらして行ったこと、この2つもポイントです。バイエルンの試合の前日にプレスリリースを出すことで、多くの人々の関心を一気に集めることができます。また、いっぺんに試合を行ってしまうのではなく、間隔を空けて行うことで2度の波及効果を狙えます。

 パーレイ・フォー・ジ・オーシャン創始者であるシリル・ガッシュ氏は、今回の取り組みは海洋汚染の認知度拡大を図るだけでなく、海洋汚染問題の真の解決へと向けたアクション&戦略であると述べています。

 今回の取り組みを通して、サッカーファンがパーレイ・フォー・ジ・オーシャンの取り組みを知り、海洋汚染問題への意識が高まることで、課題解決へとつながることが期待されます。世界中の人々の関心を集めるサッカーを活用し、パーレイ・フォー・ジ・オーシャンの認知と、そこからのアクションを促す巧みな戦略です。

2. 環境保全活動を通してブランドイメージアップ
 アディダスは、今回の取り組みのように、パーレイ・フォー・ジ・オーシャンとパートナーシップを結び、海洋保全に取り組んできました。すでに海洋プラスチックゴミをリサイクルしたスニーカーなども製造しています。

 グローバルブランドを統括するアディダスグループの経営幹部エリック・リッキー氏は、アディダスが2017年に100万足のシューズを海洋プラスチックで製造し、最終的には純プラスチックをサプライチェーンから取り除くと述べています。

 こうした環境保全への取り組みは、アディダスというブランドのイメージアップにつながります。CSR(Corporate Social Responsibility/企業の社会的責任)が注目される今、こうした社会や環境との関わりを重要な戦略として位置付けている企業も増えています。

 世界的なスポーツマーケティングの専門企業「ニールセン・スポーツ」のファン分析ソリューション(FAN DNA)では、以下の2点が述べられています。

「ミレニアル世代(1980年代~2000年代初頭生まれの世代)の大多数は、社会的活動をサポートする企業についてより考えていて、これは要するに、社会的活動をサポートしている企業の商品をより購入する傾向にあるということを示しています」
「アメリカに限らず世界各国のミレニアル世代は、一般の人々に比べて社会的テーマに対する関心度が高く、約70%の人々が環境保全に関心があるとしています」

 今後数十年の収益を考えても、アディダスとしてもミレニアル世代は是非とも確保したいターゲットであるでしょう。そうした世代へのブランドイメージアップを図った取り組みでもあると考察します。

■CSRとスポーツの可能性

 今回ご紹介した、アディダスとパーレイ・フォー・ジ・オーシャンの取り組みは、CSRとスポーツの可能性を示してくれる事例といえるでしょう。

 パーレイ・フォー・ジ・オーシャンとしては、海洋保全活動の認知拡大とその解決に向けたアクションを起こしたい。アディダスとしてはブランドイメージアップを図りたい。両者がWin-Winの関係にあったからこそ実現した取り組みだと思います。

 CSRと絡めたスポーツの活用事例は今後も増えていくでしょう。スポンサーシップのアクティベーションを通して、多くの企業が社会的責任を果たしていくことで、より豊かな社会が創られていくことを期待したいです。


※関連記事
「リバプール×スタンダードチャータード」銀行によるスポンサーシップの活かし方とは?(2016年11月7日)


【了】

記事提供:スポーツ×スポンサー辞典
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<スポーツ×スポンサー辞典とは?>
デジタルマーケッターが運営する、スポーツとスポンサーに焦点を当てたウェブサイト。
スポンサーシップの権利活用(スポンサーシップのアクティベーション)を題材にした、スポーツビジネス・マーケティングの実例記事を掲載。
Jリーグ、海外サッカーチーム、オリンピックなどのスポンサー企業のまとめ一覧と、その簡潔な会社概要も随時更新中。
http://www.sponsorship-activations.com/
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


スポーツ業界の求人情報とトレンドは SPORTS JOB NETWORK








カテゴリー