スポーツビジネス・マネジメントのトレンドと求人情報

ブログ   アーカイブ【2016年11月】

2016年11月25日

ミレニアルズに刺さるスポーツとは!?スマホ時代のスポーツコンテンツの作り方

THE SPORTS BUSINESS

  「スポナビライブ」や「DAZN」の登場により、スポーツ観戦スタイルが大きく様変わりしつつあります […]

2016年11月22日

推薦図書:スポーツマネジメント論 アメリカの大学スポーツビジネスに学ぶ

2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

どうも!東京オリンピックまで1340日です!日本でも大学スポーツのビジネス化が議論されるようになりました。その背景の一つには「アメリカの大学スポーツはえらく儲けてるらしいな。日本でも出来ないかい?」と

2016年11月21日

少子化の中、少年少女スポーツ団体はどのようにしたら子どもを集められるか

2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

どうも!東京オリンピックまで1341日です!先日、長崎県スポーツコミッションが主催する「長崎県スポーツマネジメント人材育成講座」にてスポーツ業界のトレンドについてお話をしてきました。会終了後に個別で「

2016年11月19日

Jユースカップ決勝

欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ

今日は、スタッフと一緒にJユースカップ決勝見にヤマハスタジアムへ。渋滞に巻き込まれギリギリ間に合うかどうかという感じ。雨やし。。

2016年11月16日

世界の注目を集める中国サッカー vol.1 概要

スポーツマーケティングレポート

グローバルスポーツビジネスにおいても、中国の成長が目覚ましくなっています。中国はヨーロッパ中のクラブチームやスポーツ関連企業を買収。世界のリーグやチームが、中国でのビジネスに目を向けています。 また

2016年11月16日

スポーツ庁:スタジアム・アリーナ改革指針

2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

どうも!東京オリンピックまで1346日です!最近サボってました!本日、スポーツ庁より、スタジアム・アリーナ改革指針という資料が出ました。関係者、また、興味のある方は是非ご覧ください!http://ww

2016年11月10日

スポーツの「見えざる大陸(金脈)」に気付くためには

スポーツビジネス from NY NY在住のスポーツマーケティングコンサルタントがお届けする米国の最新スポーツビジネス事情

「アスリートファースト」という言葉は最近日本でもオリンピックの文脈で良く耳にする言葉になっています。しかし、(ツイッターでもつぶやきましたが)日本での「選手第一」は、非常に視野の狭い、顧客視点を欠いた

2016年11月07日

経産省の「スポーツの産業化」は意外と本気!?

2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

どうも!東京オリンピックまで1355日です!政府が発表している「⽇本再興戦略2016」の中で政府が力を入れるとされる「官民戦略プロジェクト10」の中に「スポーツの成長産業化」というのが含まれています。

2016年11月05日

今すぐストリートに出て「おもてなし」しよう!

2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

どうも!東京オリンピックまで1357日です!東京オリンピックに向けての課題の一つは「バリアフリー」です。都内の色々なところでまた、公的資金か民間資金かは別として、何億円とかけてバリアフリーの工事が行わ

2016年11月01日

スポーツは日本を再興するか?

スポーツビジネス from NY NY在住のスポーツマーケティングコンサルタントがお届けする米国の最新スポーツビジネス事情

アベノミクスでは、2020年までに名目GDPを600兆にする計画を立てています。2015年度の名目GDPが約500兆円でしたから、あと5年間で100兆円を積み増す計画ということになります。 アベノミ

2016年11月01日

大日本印刷株式会社と凸版印刷株式会社が2020オフィシャルパートナーに

2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

どうも!東京オリンピックまで1360日です!大日本印刷株式会社と凸版印刷株式会社が東京2020のオフィシャルパートナーになりました。契約カテゴリーは「印刷サービス」です。またも、1業種1社という原則を










アーカイブ